もし・・・妊娠線が出来てしまったら具体的にどうしたらいいの?

 

 

妊娠は嬉しいけど、身体に起こる変化に不安を感じる事がありますよね。
その中でも、不安や心配になってしまう変化に妊娠線があります。
ケアをしていたのに出来てしまった妊娠線。
これをどうにかしたい!という場合、やってみてもらいたいケア方法をご紹介します。

 

妊娠線ケアの方法 お肌の再生を促進させよう!

 

妊娠線はお肌にできてしまうトラブルですよね。
お肌のトラブルは、やはりお肌の細胞の生まれ変わりを促進させることで改善させていくことが出来ます。

 

ちょうどニキビが頬などにできてしまったときに、放置しておくとニキビ跡などが残ってしまうけど、適切なケアをするとニキビ跡はかなり改善して行きますし、場合によっては殆ど見えない状態にしていくことができるのと同じなんです。

 

妊娠線が表皮の表面だけに出来ている場合には、ほとんど見えないくらいに回復されることが出来ますが、真皮の部分にまで到達してしまうとこれを改善することは難しくなります。
妊娠線が出来てしまったかも、と思ったらお肌の新陳代謝を高めるための方法を試しましょう。
新陳代謝を高めるためには
・栄養バランスが整った食事
・ストレスを改善すること
・適度な運動
・体を温めること
この4つが必要です。
妊娠中は適度な運動が難しいと感じている妊婦さんも多いのですが、妊娠中の方のための運動プログラムなどの妊娠中でも安全に行える運動を行ったり、軽いウォーキングを行ったりするなど、工夫をしていきましょう。

 

ケアの方法 できてしまった妊娠線ケアのためのクリームを使う

 

 

お肌の新陳代謝を促しつつ、やはり大切になるのは保湿です。
ニキビ跡も保湿をすることでかなり改善していきます。実は妊娠線についても、保湿をしっかりと行うことでかなり改善していくことが出来ます。
でも、妊娠線予防のためのクリームを使い、しっかりマッサージをしていたんだけど、この方法で妊娠線ケアになるの?
と思っている人もいますよね。

 

妊娠線予防のクリームでのケアを続けることも、保湿をしていくことが出来るので良いのですが、もっとも効果的なのは、出来てしまった妊娠線のケアをするためのクリームを使うことです。
出来てしまった妊娠線のケアをするためのクリームは、妊娠線を予防するためのクリームに比べるとより浸透力が高まっているんです。

 

もちろん、予防するためのクリームにもしっかりと保湿力がありますが、さらに浸透力が強い妊娠線ケアをすることができるクリームを使うことで、お肌はよりうるおいます。
皮膚が引っ張られていくことで、どうしても皮膚の持つ保湿力は低下して行きます。
妊娠線のケアをしていても妊娠線が出来てしまう場合には、保湿が足りていない可能性もあるんです。

 

ケアの方法 マッサージの仕方を変えてみる

 

妊娠線予防のためにマッサージをしていたという人も多いと思いますが、中には妊娠線予防のためのクリームを塗りこもうとして強い力で行っていた。という方もいるようです。
実はあまり強い力を入れてしまうと、お肌には刺激になってしまうので、妊娠線が悪化してしまうことがあります。
妊娠線ケアを行う時には、妊娠線ケアのためのクリームを手に取り、優しくマッサージすることが必要です。

 

・お腹のケア

 

お腹の周りは、おへそから「の」の字を描くように手の平に取ったクリームを優しくお肌になじませるように塗っていきます。
最初は手の平にクリームを取ったら、両手でクリームを温めてから、両手を使って大きく「の」の字を描いていくようにしましょう。
お腹の中の赤ちゃんに語り掛けながら行うのもおすすめです。
実はこの語り掛けを行いながら行うことで、余分な力を入れず、優しくさする様にクリームを塗っていくことが出来ます。
押し込んでみたり、揉みこんでみたり、叩いたりすることはしないようにしましょう。

 

・バストのケア

 

 

バストのケアは乳頭の部分に向かい、乳頭より上のマッサージは下向きに、乳頭より下のマッサージは上向きに優しくマッサージして行きます。
このマッサージは出産後の授乳に向けたケアにもなるんですよ。

 

・二の腕、ふともも、おしりのケア

 

 

妊娠線は実は二の腕やふともも、そしておしりなどにも出来てしまう事があります。
せっかくなのでこの部分のケアも行っていくようにしましょう。
基本としては下から上、心臓に向かってお肌をさするようにマッサージをしていきましょう。
妊娠中にはどうしても血行不良などにも陥りやすいので、このようなマッサージをすることで血行改善の効果も期待することが出来るんです。

 

静脈瘤の予防などにもつながりますので、ぜひ行ってみてくださいね。
クリームが余ってしまった場合には、鎖骨部分もさすっておきましょう。
ここはリンパの出口で、実は詰まりやすい部分です。
優しくマッサージをしておくことで、むくむ予防などにもなるんです。

 

まとめ

 

妊娠線が出来てしまうとショックを受けると思いますが、ここで諦めずに適切なケアを行うことで、妊娠線を目立たなくしていくことが出来ます。
完全になかったことにできないのはちょっと残念ですが、よく見ないと分からないくらい薄くすることも可能なので、ぜひ試してみてください。

 

 

現役のマタニティーモデルがおすすめする本当に効果のある妊娠線の選び方とは?