乾燥を防ぐ食べ物は?体の中から妊娠線を予防する?

乾燥を防ぐためには、食べ物で体の中から変える事が大切!

妊娠線は実は食べ物によって防ぐことが出来て、さらに出来てしまった妊娠線も目立たなくしていくことが出来るんです。

では、どんな食べ物を食べれば妊娠線を予防し、そして出来てしまった妊娠線を目立たなくすることが出来るのでしょうか?

 

妊娠線ができるしくみ

妊娠線を予防するためには、まず妊娠線ができる仕組みを知る必要がありますよね。
では、妊娠線はどうやってできるのでしょうか?

妊娠線は妊娠によって急激にお腹や乳房が大きくなっていくことで、皮膚の伸びが追いついていかず、皮膚の表面の表皮、そしてその下にある真皮などに亀裂が起こってしまうと出てきます。

 

皮膚は表皮・真皮・皮下組織という3つの層に分かれていますが、このうち皮下組織と真皮は伸びにくく、お腹や乳房が大きくなる勢いについていくことが出来ません。

ですが表皮は実はよく伸びるため、ここにギャップが生まれます。
その結果、表皮が亀裂を起こし、その亀裂が真皮にまで影響を与えてしまい妊娠線ができます。

皮下組織や真皮の部分は乾燥していると固いためによりこの亀裂は出来やすくなりますが、逆に皮下組織や真皮が潤っていると、柔らかいために伸びが良くなり、妊娠線はできにくくなります。

つまり、保湿をしっかりすることで、妊娠線の予防になり、できてしまった妊娠線を目立たなくしていくことが出来るということになります。

さらに詳しく、妊娠線ができる原因をチェックする!

 

乾燥を防ぎ、体内を保湿ができる食材ってあるの?

保湿というとコラーゲンやヒアルロン酸といった成分をすぐに思いつく人は多いですよね。
美肌成分とも言われているこれらの成分は、お肌の奥の潤いをキープするために重要な成分です。

コラーゲンやヒアルロン酸が豊富な食べ物といえば、フカヒレや豚足、鶏の軟骨や牛筋など、食感や見た目がプルンとしているものがあります。

これらの食べ物はいわゆる美肌食材とも言われていて、お肌にハリや潤いを与えることが出来る食材として知られていますよね。

妊娠線を予防したり、出来てしまった妊娠線を目立たなくしていくためには、この美肌食材と呼ばれているものはおすすめです。

お腹や乳房なども、お顔と同じ皮膚ですから、潤いをキープするために必要な食材は一緒なんですよね。

 

ちょっとまって!コラーゲンやヒアルロン酸が入っている食材は高カロリー!

食材としてコラーゲンが入っている、ヒアルロン酸が入っているものは妊娠線を予防したり、目立たなくするためにはおすすめですが、実は困ったことにカロリーという一面でみると高カロリーのものは多くあります。

妊娠線は乾燥や潤い不足でも起こりますが、実はお腹が大きくなっていくことで起こりやすくなります。

妊娠して胎児が成長するためにおなかが大きくなるのは仕方がないのですが、妊娠中は身体が脂肪を溜めこもうとするために太りやすい、特に皮下脂肪をつけやすいという特徴があります。

ただでさえ太りやすい時期に、高カロリーなものを食べ続けるとどうなるでしょうか?
当たり前ですが、太りますよね。

そこで、太りにくいものを食べるということも必要になってくるんです。
低カロリーでありながらも、コラーゲンやヒアルロン酸を含んでいる食材、もしくはコラーゲンの生成を手助けする食材を食べる。ということが必要です。

では、どうしたらいいのかというと、栄養バランスを考え、太らない食生活を送ることがお勧めになります。

その中で、さらにコラーゲンの生成を助けるビタミンCが豊富な食事も心がけ、低カロリーでヒアルロン酸を含む食材をプラスして行くことがおすすめです。

 

では、低カロリーでヒアルロン酸が含まれている食材は何かといえば、納豆やおくら、やまいも、さといもなど、ぬめりがある食材になります。

もくずやめかぶ、モロヘイヤなどのネバネバにも、ヒアルロン酸は沢山含まれているんです。
とくにモロヘヤは妊娠中の女性に嬉しい葉酸や、コラーゲンの生成をするビタミンBも含む食材なので、おすすめの食材の一つです。

つわりなどで胃が弱ってしまっている妊婦さんも多くいますが、モロヘイヤ胃など消化器官の粘膜を保護する役割もありますので、胃を優しく労わってくれるんですよ。

 

冷やさないことも大事!

食べ物の冷たいものよりは温かいもの方が身体を温めるために血液循環が良くなるので乾燥に強くなります。

基礎代謝をアップさせていくことで、お肌を作る細胞も生まれ変わりを行うことが出来てみずみずしい細胞を作り出すことが出来ます。

みずみずしい細胞は保湿力も高いので、新陳代謝を高めることは保湿をするうえでも重要なんですよ。

先ほど紹介したモロヘイヤももともとはエジプトという暑い国の食材ということもあり、身体を冷やす性質がありますが、スープなどで食べることで身体を温めることができます。

身体を温めること、そして沢山の栄養をしっかり取れるものとして、具だくさんのおみそ汁もおすすめです。
お味噌は発酵食品でもあるので、腸の調子を整えて美肌効果を発揮してくれますよ。

 

乾燥を防ぐ食べ物のまとめ

妊娠線を予防したり、出来てしまった妊娠線を薄くするためには、お肌の保湿をすることは大切です。

お肌の保湿を食べ物の点から行っていくには、

  • コラーゲンやヒアルロン酸が増える食材を食べる
  • 太りにくい低カロリーの食事を心がける
  • 冷えない食事をする

 

この3つがポインとになってきますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です