正中線を消す方法とは?

正中線と妊娠線の違いとは?

妊娠してお腹が大きくなると、気になるのが妊娠線と正中線。妊娠線と正中線はどう違うのでしようか?

妊娠線はお肌の皮膚が破裂する事で出来る線で、正中線はお腹のおへそ下から、下腹部にかけてでる1本の線。

この正中線は色素沈着によるものなので、妊娠線とは全く別のものなのです。

 

正中線とはどんなもの?

正中線とは、個人によって出方はことなりますが元々男女関係なく生まれた時からあるものなのです。お腹の中にいる時赤ちゃんの成長する過程で細胞が分裂して出来たものなので、誰もが持っているもの。

個人差によって茶色い色がうっすらあったり、色が目立たない人もいます。

妊娠することで、ホルモンバランスが変化して正中線が濃く見えるという訳なのです。

妊娠すると、乳房の色が濃くなったり、お肌のメラニン色素が濃くなってしまうので正中線も目立ってきてしまうのです。これは、自然な事で、妊娠すると赤ちゃんを守ろうと体毛が濃くなるの同じ原理なのです。

出産後、メラニン色素は正常いる頃には正中線はうっすらと目立たなくなってきます。正中線は妊娠線とは違うので、産後6ヶ月ほどで薄くなり、消えていきますが、個人差によっては1年かかったり、中々消えない人もいる様です。

 

正中線を薄くする、消すことはできるの?

メラニン色素と同じ原理なので、お肌同様クリームなどでしっかりケアしてあげれば薄くすることは可能です。

シミなどを薄くする効果のある成分のはいったものを摂取すると自然に消すより効果は早く感じられます。美白成分のある妊娠線用クリームなどを選ぶとよりお肌の新陳代謝の促進も促す効果が期待できます。

私も実際、妊娠線クリームと一緒に正中線も一緒に保湿してケアをしていたので、半年ほどで正中線は無くなりました。

正中線専用のクリークというのは、ありませんが妊娠線専用のクリームでも十分対応できます。妊娠線は全然出来なかったけど、正中線だけは全然消えない!!って方には妊娠線専用クリームのどがお勧めです。

しっかり保湿ケアをしてあげる事で、お肌の綺麗を保つ事が出来ます。自分のお肌の為に産後のケアもしっかりしてあげましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です