妊娠線の予防はいつからすればいいの?

妊娠線の予防はいつから始めたらいいの?妊娠線を防ぐには早めのケアが大切になります。

 

 

画像の様に、妊娠線が出来やすいのはお腹が大きくなる5ヶ月頃。お腹が大きくなる5ヶ月前からケアしていくのが良いでしょう。お腹が大きくなり始める5ヶ月前には皆さんクリームやオイルでケアし始めていますね。なぜ早めのケアが必要かというと、お腹が急に大きくなるとお肌の皮脂が大きくなるお腹についていけなくなって、亀裂が走ってしまいます。この亀裂が妊娠線なのです。この亀裂を防ぐのが保湿。妊娠線を予防するにはクリームなどで毎日しっかり保湿してあげる事が大切になります。

 

予防の方法はあるの?

 

妊娠線を予防する一番のポイントは保湿。たっぷりのクリームなどで、優しくマッサージしてあげましょう。マッサージといっても肩もみの様に強く力を入れるのではなく、なでるようにマッサージしてあげましょう。特に保湿をしてあげたい部分が下腹部辺り。一番妊娠線の出来やすい部分とされています。特に骨盤の辺りが一番出やすいので念入りに保湿してあげる必要があります。その他にも、脇腹、おしりや太もも辺りも妊娠線は出来やすいのでしっかり、クリームで保湿してあげましよう。妊娠すると、腰回りに脂肪が付きやすくなります。脂肪の付きやすい部分は妊娠線も出来やすいので注意しましよう。妊娠線を防ぐには、保湿が一番重要になってきます。妊娠線を予防する為に妊娠線用のクリームでしっかり保湿してあげましよう。クリームを塗るタイミングとしては、お風呂上りがお勧め。お肌が充分水分を吸収しているお風呂上りにクリームをすれば、お肌に潤った水分を蒸発させずに潤いを保ってくれます。朝、夜2回クリームを塗ってあげる事で潤いのあるお肌が保たれます。マッサージの仕方としては、たっぷりの保湿クリームを両手に取りおへその中心から外側にかけてゆっくりと円を描く様にマッサージしてあげます。お腹が大きくなると赤ちゃんも反応してくる頃。赤ちゃんはお母さんの声が大好きなので、赤ちゃんが元気に動いているときは優しく話しかけてあげましよう。優しくマッサージしながら赤ちゃんとお話ししてあげればコミュニケーションと妊娠線予防も両方出来てすがらしい時間が過ごせますね♪マッサージと合わせてケアしてあげたいのが角質ケア。お肌が硬くなる事で妊娠線は出来やすいので、お肌を柔らかくするスクラブなどで古い角質を取り除いてあげるとより効果的。スクラブなどで柔らかくなったお肌に、たっぷりのクリームを優しく塗って妊娠線を予防しましょう。

 

妊娠中はつわりや貧血などで体調が不安定になりがちです。体調がすぐれない時は、気になる下腹部だけクリームを塗ってあげるなど無理せず続けましよう。妊娠線を防ぐには、毎日の積み重ねが重要になってきます。毎日しっかりケアする事で妊娠線を予防しましましよう。

こんな記事も読まれています♪