かゆくなる妊娠線!かゆみを柔らげる対策

かゆい妊娠線!かゆみを止める方法は?

妊娠線は出来れば作りたくないですよね?でも蒸れたりしてかゆい~って時もあるはずです。
でも絶対かいてはいけません。

かゆいな~と思って軽くかいていたら妊娠線が出来てたり・・・妊娠線が出来たらさらにかゆくなる悪循環。かかない様に気を付けていたけどかいてしまって傷が付いたり、出血してしまったり・・

どうして妊娠線はかゆくなるのでいしょう?それは妊娠すると女性の体は体質が変わってしまうからなんです。

 

なぜ、体質が変わるとお肌がかゆくなるの?

実は妊娠すると女性の体は、エストロゲンというホルモンが増加します。このエストロゲンが増える事でホルモンバランスが変化し肌質が変化します。

エストロゲンの増加により、肝機能が低下して肝臓を圧迫します。妊娠してお腹が大きくなっているので、肝臓に負担がかかって胆汁が肝臓にたまりやすくなってしまいます。

この溜まってしまった胆汁が皮膚組織を刺激して、かゆみの原因になるのです。

 

妊娠線は何でかゆくなるの?

妊娠線がかゆくなる原因の一つは、コルチコステロイドというホルモンがお肌を柔らくする組織の増加を制限してしまう事でお腹周りの皮膚が薄くて硬い状態になりかゆみが出てくるのです。

二つ目に、赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹周りも大きくなり、表面の皮膚が伸びて亀裂が走ってしまう事。亀裂によるかゆみの原因が妊娠線になってしまいます。

人間の体なので、下着の蒸れや締め付けによるかゆみは必ず起こってしまいます。

でもちゃんとケアをしてあげれば防げるものなのです。

 

かゆみを抑えるには?

妊娠中のお肌はデリケートです。

かゆみが出てしまったらかくのではなく、優しくポンポンとたたいてあげましょう。叩くのではなくあくまでもなでるような感じで。でもあまりやりすぎると癖になるのでやりすぎには注意が必要です。

かゆくて我慢できなくても絶対かいたり、かきむしってしまわない様にしましょう。かゆみを抑えるには常にお肌を清潔にして保湿を保つ事がポイントです。

妊娠線予防クリームでしっかり保湿!

もし妊娠線が出来てしまっても、妊娠線をかくのはやめましょう。妊娠線が出来てしまってもちゃんとクリームなどでケアをしてあげれば、かゆみは和らぎます。時々妊娠線が出来てしまったからケアを辞めちゃう人もいますがそれは間違い。

妊娠線クリームを使う事で、保温されてかゆみもおさまるし跡も薄くなります。妊娠線はちゃんとケアしてあげれば目立たなくなるので、長期でケアしてあげる事が大事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です