妊娠線はクリームとオイルどっちが効果があるの?

妊娠線のクリームとオイルどっちが効果あるの?

妊娠してからママ友と良く耳にするのが妊娠線。
私は大丈夫って思っている人は多いのでは?

でも妊娠線が出来てからでは、遅いって知ってましたか?妊娠線は一度出来てしまうと、中々消えません。

できてしまった妊娠線ケア方法はコチラ

 

妊娠線は出来る人と、出来ない人といますが、出来てしまってからでは消えにくいって事なんです。

中々消えない妊娠線ですが、何故、妊娠線が出来るかというと、妊娠してお腹が大きくなってきたら、表面の皮膚が伸びます。

その皮膚の伸びについていけない内側の皮膚の組織が、破裂してしまい赤紫のなどの亀裂が走ってしまいます。それが妊娠線なんです。

原理的には、太ったりすると出来る肉割れの様なものです。
でもしっかりケアをしてあげれば、妊娠線は出来ません。

一番重要なのはお腹周りの肌を乾燥しないように保湿する事が大事なんです。
妊娠線の保湿に効果的とされているのが、クリームやオイル。顔と一緒で、保湿には欠かせないクリームやオイルを使用するのが一番効果的です。

 

ではクリームとオイルではどういう効果があってどういった違いがあるのでしょう。

 

クリームとオイルの違い

クリームのメリット ・伸びが良くべたべたしない
・種類が多く、自分好みのものが見つかりやすい
・程よく潤うので使いやすい
・クリームには、油分と水分がバランスよく含まれているので保温効果がある
クリームのデメリット ・オイルに比べると潤いは衰える

 

オイルのメリット ・オイルの油分でしっかり潤いを保てる
オイルのデメリット ・ベタベタ感がある
・オイルが垂れやすく、テカりが出やすい。
・日光に当たると肌が焼けやすい

 

保湿力の高いのは、妊娠線予防オイルですが、べたつきやすく、お腹の上から服を着る時張り付いたり、かゆみが出たりします。

一時的な保湿はありますが、蒸発して潤いを逃がしやすく日光に直接当たると焼けやすい面もあります。

一方妊娠線予防クリームは、肌なじみが良く、べたつきにくいのが特徴。クリームタイプだと、油分がしっかり入って保湿力も十分にあり、長く保湿を保ちます。

さらにオイルに比べてべたつかず、皮膚のうえからしっかり水分が蒸発しない様にコーティングしてくれるので、多くの方に使われています。

特に妊娠線用のクリームは、種類が豊富で無添加・無着色のものだったり、柑橘系の香りなど妊婦さんに優しいクリームが沢山出ています。

 

結局のところ

自分に合ったクリームを探してみるのが大事です。

妊娠線の出来ない人も中にはいますが、特に妊娠線の出来やすい人は冷え性だったり、お肌の柔軟性がない人、やせすぎてる人は要注意です。築いたら妊娠線が出来てしまっている事があります。

妊娠線を予防するには、出来る前からクリームで保温してあげましょう。一日2回朝、夜に塗るだけでお肌の潤いは保ちます。塗るだけではなく、一緒に優しくマッサージもしてあげましょう。

クリームを使って優しくマッサージすることでお肌の新陳代謝がよくなりお肌が柔らかくなります。お肌の潤いを保つ事で、妊娠線が出来にくくなるのでこまめにケアをしていきましよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です