妊娠線の原因って?

妊娠線の原因って?

妊娠して、まず気になるのが妊娠線。お腹が大きくなるにつれて自分の子供が育っているのを実感していたら・・・・
あれっ?いつの間にか、お腹に妊娠線が出てしまったという方は意外と多いはず。

気づかない内に妊娠線は出てきます。お腹が大きくなればなるほど、見えない所に妊娠線が出ていたり、お腹を触った時にデコボコが出ていたり人によって、妊娠線の出方は様々です。

妊娠線は急にお腹が大きくなった事で、皮膚に亀裂が入り、妊娠線が出来てしまいます。

なぜ妊娠線が出来るのか、詳しく調べてみました。

妊娠線の出やすい人の特徴とは?どんな人が多いのでしょう。
妊娠線の出やすい人の特徴を一覧にしてみました。

お腹の皮膚が引っ張られる事により、妊娠線は出やすくなります。他にも、体重が急に増えたり、元々太っていて、皮下脂肪が厚くなっていたり・・・

あと、一番の大敵は乾燥肌。乾燥することによって、皮膚に亀裂が走ったりします。

 

皮膚の構造を知れば改善策が見えてくる

皆さんは、皮膚の構造はご存知ですか?人間の皮膚は大まかに3層に分かれています。

1つは角質を含む表面の層、2つ目は真皮、3つ目は皮下組織の3層で出来ています。妊娠して、お腹が大きくなってくる頃皮膚が引っ張られてきます。

その時に、一番上の表面は柔軟性があるので皮膚が伸びやすいのですが、下の2つの層は柔軟性がありません。

なので、妊娠で引っ張れた表面の皮膚は伸びますが、下の2層は伸びにくいので同じ様に伸びることが出来ず、皮膚のコラーゲンなどが破裂して、亀裂が起きます。

これが妊娠線です。

急に太ったりしたら出来る肉割れの様な現象が起きますよね?同じような事がお腹周りでも起きているという状態になります。さらに、妊娠中はホルモンの動きが活発になります。

ホルモンの動きが活発になるという事は実は新陳代謝が悪くなるという事。妊娠中のホルモンはステロドホルモンというホルモンが多く分泌される為、皮膚の入れ替わりの動きを邪魔してしまいます。

皮膚の入れ替わりが出来ないと、コラーゲンなどの成分が十分に生まれず、亀裂が出来て、妊娠線が出やすくなってしますのです。さらに肌の新陳代謝がうまく回っていないので、乾燥肌になりやすいのです。

 

乾燥した部分はどうしてもかゆくなったりしますが、かいてしまうと妊娠線をさらに悪化させてしますので絶対にかくのはやめましょう。

 

どうすれば予防できるの?

 

1.妊娠線の大敵は乾燥

まずはお肌をクリームなどで十分に潤ってあげるのが大切です。

妊娠中はホルモンの動きが活発なので、こまめにクリームなどでお肌を乾燥させない様にすること。こまめにクリームを塗る事で、保湿が出来て妊娠線が出来にくいお肌になります。

 

2.清潔に保つ事

乾燥してたら、お肌がかゆくなってかいてしまう事ありますよね?でもかいてしまって絶対ダメ。

かいてしまうと、妊娠線の刺激になってしまうので絶対やめましょう。妊娠線は出来てしまったらなかなか治りません。

出来てしまっては、手遅れなので妊娠線が出来る前からケアしてあげる事がポイントになります。

 

妊娠線を防ぐクリームの塗り場所ポイント

まず、クリームに塗り場所で押さえておきたいのが、下腹部。妊娠してお腹が大きくなる時に左右股関節辺りから皮膚は引っ張ってきます。

普段なかなか動かさない部分なので、皮膚が引っ張れれて妊娠線の一番出来やすい部分になります。

お腹が大きくなった時に見えなくなる場所、手が届かなくなる部分は要注意です。

お腹が大きくなる前に、ケアしてあげないと妊娠線が出来てしまっては完全に消すのは難しくなってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です